検索

無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.02.12

アカペラ公園BBS のURLを変更しました

ある事情によりアカペラ公園BBS のURLを変更しました。

BBSに直リンクされている方は、ご面倒でもあらためてこちらのページからのリンクをご利用下さい。

2006.02.04

Toxic Audio 観て来ました

Toxic Audioと言ってもわたしが唯一知っている(聞いたことがある)のが、CARA(Contemporary A cappella Recording Awards)のCDに入っていたLovin' Youの演奏ぐらいでして、それもVOX ONEのコピーだったもんだから特別印象に残るものではありませんでした。ところが生でToxic聞いた人々が口々に「すばらしい」と言うので、これはやはり見逃してはならないのか?そうなのか?と自問自答するかのように来日公演に行ってきました(2月3日のステージ)。

まずひとことコメントするなら、これはもう「アカペラ」というカテゴリーで語ることは出来ませんね。あ、当然やっていることはアカペラのスタイルなんですがね。声を使った様々なパフォーマンスの中に、いわゆるアカペラ・スタイルの曲の演奏も混じっています、という感じですかね。もちろん曲の演奏の質がとてもすばらしいのは言うまでも無いです。

個人的にツボだったのは、1.譜読み練習におけるベースマンの悲哀を描いたコント(?)=マナマナ、2.これもVOX ONEの主要レパートリーであるTHE WATER IS WIDE(思わず目頭が熱くなった)、3.某ジャクソンのものまねで猿のぬいぐるみを・・・(以下略、最も"毒"を感じた部分!)、ってところでしょうか。広くて立体的なステージを目いっぱい使う上に、観客をステージに上げてネタに絡ませたり(2度も!)、客席に下りて歌ったり(これも2度あった!)、コールアンドレスポンスあり、生声のパフォーマンスもあったりで、これでもかこれでもかと楽しませてくれました。

日本のグループで言えばダイナマイトしゃかりきサーカスの方向性と近いでしょうか。chuchuchuファミリーのようにトークやネタの瞬発力で笑わせるというより、ネタ自体の面白味を表現するテクニックに長けていると言いましょうか。

この後、全国各地での公演が続くようですから、是非一度ご覧頂きたいステージです。

(以下2月12日追記)

この日のセットリストを知りたいとのリクエストがありましたので、以下に記します。

INTRODUCTION / MIC HEADS

M1:VOICE ILLUSION~VOICE CARRY~SOLO~VOICE CARRY

ネタ:風邪にんげん

M2:PAPERBACK WRITER~JUMPIN' JACK FLASH

ネタ:ラブリーたいむ

M3:BRING ME TO LIFE

M4:AUTUMN LEAVES

M5:THE WATER IS WIDE

ネタ:ルパン3人オーケストラ

M6:NY STYLE JAZZY IMPROVISATION

ネタ:テレビのじかん

ネタ:マイクDEジャクソン

M7:MAH NA MAH NA

M8:STAND BY ME~SUKIYAKI~STAND BY ME

M9:TURN THE BEAT AROUND

« 2006年1月 | トップページ | 2006年5月 »