検索

無料ブログはココログ

« 公園のスタンス? | トップページ | 公園のスタンス?(その3) »

2004.08.31

公園のスタンス?(その2)

選考や審査が無いので応募者皆出演となるわけですが、毎回応募が増えつづけているのを見るとアカペラ人口自体も着実に増加しているのを実感します。一時期のブームも良い方向に影響しているんだと思います。
そんなこんなで前回は69組の応募(当日の参加は63組)があったので、開催時間を当初予定より大幅に延長しなければならないほどだったわけですが、この状況を逆に(というか無理矢理に)チャンスと見て、一日で収まる限界ぎりぎりと思われる100組まで積極的に応募を受付けてみたらどうか?という発想から生まれたのが、今回の「100組でギネスに挑戦」という企画です。せっかく大勢集まるなら記録に残った方が嬉しいものですよね。そんな気軽な気持ちで応募してもらえれば有難いと思っています。

« 公園のスタンス? | トップページ | 公園のスタンス?(その3) »

コメント

ワダオーさま、わけのわからない繰り言にRESありがとうございます&主旨に賛同いただき、うれしいことこの上ありません。
煽り立ての案ですが、ちょっと検討してみます。実は即席バンドの出演ほどうれしい・楽しいものはないと思っています。第3回目のアカペラ公園なんて、5つぐらい掛け持ちしていたツワモノ(好きもの)もおりました。

(つまらぬRESですみません)

「多くののバンドが出る事に意味を持たせてしまおう」という主旨に賛同いたします。
どうせなら「只今●●組」「100まであと●組」と煽り立てるのは如何ですか?

「メンバー組替え操作」による即席バンドが増えるだけ?それもまた一興か、と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18163/1326505

この記事へのトラックバック一覧です: 公園のスタンス?(その2):

« 公園のスタンス? | トップページ | 公園のスタンス?(その3) »